1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 広瀬悦子ピアノ・リサ...

広瀬悦子ピアノ・リサイタル 歓喜の歌

202112/26 (日)
14:00開演 13:30開場

出演者
広瀬悦子(ピアノ)
曲目
シューマン: 幻想小曲集 Op.12
ヴラディゲロフ: ブルガリア組曲 Op.21より
          第2曲 歌/第4曲 ラチェニツァ (ブルガリア舞曲)
J.S.バッハ(サン=サーンス編):ラルゴ(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005 より)
J.S.バッハ(コルトー 編): トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
ベートーヴェン(リスト/カルクブレンナー 編):喜びの歌(交響曲第9番 第4楽章)


▶▶▶ご予約はこちらから◀◀◀

(申込専用メールフォームが開きます)



↓必ずご確認ください。
▶︎▶︎▶︎キャンセル規定について◀◀◀


▶︎▶︎▶︎入場整理番号の配布について◀◀◀



《ご注意》 携帯キャリアのメールアドレスをご使用のお客様より、当館からのメールが届かないというお問い合わせが増えております。迷惑メール設定にて、「info@munetsuguhall.com」をセーフリストに加えていただく等の対応をお願いいたします。


発売日:2021年9月12日 ちょこっとスムーズ予約可


広瀬悦子
 ヴィオッティ国際コンクールとミュンヘン国際コンクールに入賞後、1999年マルタ・アルゲリッチ国際コンクールで優勝。1999年パリ国立高等音楽院を審査員全員一致の首席で卒業し、併せてダニエル・マーニュ賞を受賞。世界各地で精力的に演奏活動を続け、数多くの音楽祭にも参加している。
 2001年デュトワ指揮NHK交響楽団と共演。バイエルン放送響、モスクワ・フィル、アルゼンチン国立管、RAI国立響(トリノ)、ワルシャワ国立フィル、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ウラル・フィル、アンサンブル金沢、読売日響、東京フィル、新日本フィルほか国内外のオーケストラと数多く共演している。
 日本コロムビアMIRARE、Piano21、DanacordなどのレーベルからCDをリリースしている。2016年にはシプリアン・カツァリス氏と4手・2台ピアノのための『ロシア・バレエ音楽トランスクリプション集』CDをリリースし、合わせて日本ツアーを行い各地で好評を博した。2020年春にDanacordから『モシュコフスキー:ピアノ作品集』を、同年秋にMIRAREから『ベートヴェン(カルクブレンナー編):交響曲第9番「合唱」』をリリース。また、2021年秋にCD『ヴラディゲロフ作品集』をリリース。
 情熱的でスケールの大きな音楽作り、美しい音色、幅広いレパートリーが高い評価を集め、世界に次々と活躍の場を広げるピアニストである。


チケットのご購入はこちら

宗次ホールチケットセンター 
営業時間 10:00〜16:00 ※一部例外あり

お電話でのお申し込み

052-265-1718

ご予約に進む

窓口でのご購入

営業日、営業時間は不規則となっております。
チケットセンター営業日カレンダーをご確認ください。
アクセス方法はこちら

チケットぴあでのご購入

  • ご利用には事前登録、手数料が必要となります
  • お電話の場合、Pコードが必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます

名鉄ホールチケットセンターでのご購入

  • ご利用には事前登録が必要となります
  • 決済方法によっては手数料が必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます