1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 植村太郎&田村響 デュ...

植村太郎&田村響 デュオ・リサイタル モーツァルト&ベートーヴェン

202111/6 (土)
18:00開演 17:30開場

出演者
植村太郎(ヴァイオリン)田村響(ピアノ)
曲目
モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ(3曲)
 ト長調 K.301/ホ短調 K.304/変ロ長調 K.378
ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第10番 ト長調 Op.96


▶▶▶ご予約はこちらから◀◀◀

(申込専用メールフォームが開きます)



↓必ずご確認ください。
▶︎▶︎▶︎キャンセル規定について◀◀◀


▶︎▶︎▶︎入場整理番号の配布について◀◀◀



《ご注意》 携帯キャリアのメールアドレスをご使用のお客様より、当館からのメールが届かないというお問い合わせが増えております。迷惑メール設定にて、「info@munetsuguhall.com」をセーフリストに加えていただく等の対応をお願いいたします。


発売日:2021年9月12日 ちょこっとスムーズ予約可


植村太郎(ヴァイオリン)
 三重県桑名市出身。名古屋市立菊里高校音楽科、桐朋学園大学を首席卒業後、ロームミュージックファンデーション、岡田文化財団に助成を受け、ドイツ国立ハノーファー芸術大学、ジュネーヴ音楽院(カルテットコース)、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学大学院にて研鑽を積んだ。
 第74回日本音楽コンクールにて第1位、同時に黒柳賞、レウカディア賞、鷲見賞、岩谷賞(聴衆賞)を受賞。ソリストとしてプラハ交響楽団、モーツァルテウム管弦楽団、東京交響楽団、東フィル、名フィルなど共演。2017年春完全帰国。現在、東京藝術大学准教授、藝大フィルハーモニア管弦楽団ソロコンサートマスター、ジュニア・アカデミー講師、名古屋フィル客演コンサートマスター、フコク生命パートナーアーティスト、愛知県立芸術大学非常勤講師を務める。
 使用楽器はイエローエンジェルより貸与中のT.バレストリエリ(1760年製)。

田村響(ピアノ)
 2007年ロン=ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き、一躍世界に注目される。2009年2月ビシュコフ指揮ケルン放送交響楽団の定期演奏会デビューと日本ツアーを行った他、N響、読響、都響、新日本フィル、名古屋フィル、京響、大阪フィル等と共演。日本各地でリサイタル活動を活発に行っている。室内楽にも積極的に取り組んでおり、M.ヴェンゲーロフ、A.メネセス、神尾真由子、宮田大の各氏と共演。
 愛知県安城市生まれ。18歳でザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。2015年大阪音楽大学大学院修了。深谷直仁、清水皇樹、クラウディオ・ソアレス、クリストフ・リースケの各氏に師事。2006年出光音楽賞、2009年ホテルオークラ音楽賞、2015年文化庁芸術祭音楽部門新人賞、2017年度京都市芸術新人賞等、受賞多数。
 京都市立芸術大学専任講師。


チケットのご購入はこちら

宗次ホールチケットセンター 
営業時間 10:00〜16:00 ※一部例外あり

お電話でのお申し込み

052-265-1718

ご予約に進む

窓口でのご購入

営業日、営業時間は不規則となっております。
チケットセンター営業日カレンダーをご確認ください。
アクセス方法はこちら

チケットぴあでのご購入

  • ご利用には事前登録、手数料が必要となります
  • お電話の場合、Pコードが必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます

名鉄ホールチケットセンターでのご購入

  • ご利用には事前登録が必要となります
  • 決済方法によっては手数料が必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます