1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 植村太郎の弦楽四重奏 ...

植村太郎の弦楽四重奏 with 佐藤桂菜

20246/23 (日)
14:00開演 13:30開場

出演者
植村太郎(1st ヴァイオリン)須山暢大(2nd ヴァイオリン) 朴梨恵(ヴィオラ)横坂源(1st チェロ) 佐藤桂菜(2nd チェロ)
曲目
ヴォルフ:イタリアン・セレナーデ
シューベルト:弦楽五重奏曲 ハ長調 D956 他


▶▶▶ご予約はこちらから◀◀◀

(申込専用メールフォームが開きます)



↓必ずご確認ください。
▶︎▶︎▶︎キャンセル規定について◀◀◀


▶︎▶︎▶︎入場整理番号の配布について◀◀◀



《ご注意》 携帯キャリアのメールアドレスをご使用のお客様より、当館からのメールが届かないというお問い合わせが増えております。迷惑メール設定にて、「info@munetsuguhall.com」をセーフリストに加えていただく等の対応をお願いいたします。


発売日:2024年2月11日 ちょこっとスムーズ予約可


植村太郎 Taro Uemura(1st ヴァイオリン)
名古屋市立菊里高校、桐朋学園大学を首席卒業。ドイツ国立ハノーファー芸術大学、ジュネーヴ音楽院、ドイツ国立ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン卒業。桐朋学園在学中には桐朋学園音楽部門特別奨学金を授与され、第74 回日本音楽コンクール第1位。卒業時に皇居の桃華楽堂にて御前演奏を行なう。これまでヤング・プラハ国際音楽祭への招待他、様々な音楽祭に出演。東京フィル、名古屋フィル、東京交響楽団、セントラル愛知交響楽団、プラハ交響楽団等と共演。
これまでヴァイオリンを久保田良作、立田あずさ、林茂子、原田幸一郎、漆原朝子、シュテファン・ピカードの各氏に師事。室内楽にも積極的に取り組み、2004 年にはジュピター弦楽四重奏団を結成。
現在、東京藝術大学准教授、芸フィルソロコンサートマスター。
使用楽器は、宗次コレクションより貸与のT.バレストリエリ(1760年)。

須山暢大 Nobuhiro Suyama(2nd ヴァイオリン)
東京藝術大学音楽学部卒業。 第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第2位。NPO法人イエローエンジェルより2年間1831年G・F・プレッセンダ製作(E・X・シュルツ)を貸与される。シオン・ヴァレ国際ヴァイオリンコンクール入賞。NAGANO国際音楽祭でのコンクール第1位。
これまでにグリゴリー・フェイギン、石川静、ジェラール・プーレ、山口裕之、シュミュエル・アシュケナージ各氏に師事。 ソリストとしてセントラル愛知交響楽団、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽団等と共演。サイトウキネンオーケストラ、紀尾井シンフォニエッタ、赤穂国際音楽祭プレコンサート等多数出演。ソロ・ヴァイオリン、コンサートマスターを務めたCD「CHAMBER MUSIC PLAYERS OF TOKYO in 紀尾井ホール」がレコード芸術の特選盤に選ばれる。 2018年大阪フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターに就任。

朴梨恵 Rihae Park(ヴィオラ) オフィシャルぶろぐサイト:http://pakurie.com/
京都市立京都堀川音楽高校、京都市立芸術大学音楽学部を卒業。日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。ハイリゲンベルク音楽祭にて音楽賞受賞。ヒンデミット協会やNPO法人イエローエンジェルの助成を得て、ハノーファー音楽大学卒業、ベルリン芸術大学修士課程(ヴァイオリン)を卒業。ハノーファー北ドイツ放送交響楽団研修生修了後、ベルリン・コミッシェ・オペラ・アカデミー生として研鑽を積む。同歌劇場の『魔笛』パリ・モスクワツアーに参加。PMF音楽祭、プラド音楽祭等の国内外の室内楽やオーケストラフェスティバルに参加。ハノーファー音楽大学院ヴィオラ科卒業。
2016年より京都と東京などを拠点にSpecial Chamber Concert主宰。京都コンサートホール第1期登録アーティスト。京都弦楽四重奏団、DUO・GRANDEヴィオラ奏者。

横坂源 Gen Yokosaka(1st チェロ)
桐朋学園女子高等学校(男女共学)、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。
2002年、15歳で全日本ビバホール・チェロコンクール優勝(最年少)。2005年出光音楽賞、2008年齋藤秀雄メモリアル基金賞、2010年ミュンヘン国際音楽コンクール第2位、2012年ホテルオークラ音楽賞など多数受賞。室内楽部門では、2009年に全ドイツ学生音楽コンクールで第1位受賞。
東京交響楽団と13歳で共演を果たし、ソリスト、室内楽奏者として、国内外で演奏活動を行い、2019年/2020年には演奏活動20周年を迎える。
これまでに、鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。

佐藤桂菜 Keina Satoh(2nd チェロ)
ジュリアード音楽院(NY)卒業。その後ロサンゼルスのコルバーン音楽院に進学し全額無償の奨学生として、クライヴ グリーンスミス氏に師事。中学卒業後単身渡米、ボストンのウォールナットヒルスクールフォージアーツに入学。同時期にニューイングランド音楽院・プレパラトリースクールに学ぶ。第74回全日本学生音楽コンクール全国大会大学の部第1位。併せて毎日新聞社奨励賞、NHK会長賞受賞。第42回霧島国際音楽祭賞受賞。
これまでに小澤征爾、竹澤恭子、金子三勇士、清塚信也などと共演。これまでに故久保田顕、廣岡直城、林良一、林裕、中木健二、花崎薫、山崎伸子、デイヴィッド フィンケル、クララ キムの各氏に師事。
2021/2022年度ヤマハ音楽支援制度奨学生。2023年度シャネルピグマリオンデイズ参加アーティスト。CHANEL NEXUS HALLにて全4回のリサイタル、大山平一郎氏と室内楽シリーズに出演。


チケットのご購入はこちら

宗次ホールチケットセンター 
営業時間 10:00〜16:00 ※一部例外あり

お電話でのお申し込み

052-265-1718

ご予約に進む

窓口でのご購入

営業日、営業時間は不規則となっております。
チケットセンター営業日カレンダーをご確認ください。
アクセス方法はこちら

チケットぴあでのご購入

WEB購入

購入に進む
  • ご利用には事前登録、手数料が必要となります
  • WEB購入以外にセブン‐イレブンでの店頭購入も可能です。
  • 一部取扱いのない公演もございます

名鉄ホールチケットセンターでのご購入

  • ご利用には事前登録が必要となります
  • 決済方法によっては手数料が必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます