1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 【完売】HIMARI Violin...

【完売】HIMARI Violin Recital

202212/18 (日)
18:30開演 18:00開場

出演者
HIMARI(ヴァイオリン)鈴木慎崇(ピアノ)
曲目
ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ 第5番
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番より
ヴィェニヤフスキ:ヴァイオリン協奏曲 第1番 作品14

※約60分/休憩なし

↓必ずご確認ください。
▶︎▶︎▶︎キャンセル規定について◀◀◀


発売日:2022年11月13日


世界が注目する11歳の天才ヴァイオリニスト

 ヴァイオリニストのHIMARIです。この夏から、Curtis音楽院で勉強しています。わたしは最年少ですが、オーケストラや室内楽の演奏会もあって、音楽仲間もたくさん出来ました。人と音楽を作ることが大好きです!
 12月に初めて宗次ホールで演奏させていただけること、どんな響きがするのか楽しみです。ヴァイオリニストだったヴィェニヤフスキの作品は、音色が壮大で技巧的な曲です。
 是非聴きにいらしてください!
HIMARI

HIMARI(ヴァイオリン)
 2011年生まれ、11歳。現在、慶應幼稚舎5年生。2022年、難関名門校・カーティス音楽院(アメリカ)に最年少で合格。8月より拠点をアメリカに移して活動中。3歳からヴァイオリンを始め、4歳の頃からコンクールに出場し、6歳でプロのオーケストラと共演を果たす。
 この頃から国際コンクールに多数出場する様になり、2021年9月にポーランド(ルブリン)で3年に1度開催される「第15回リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際ヴァイオリンコンクール2021」にて史上最年少、特賞グランプリ(第1位を上回る)を受賞。第12回アルテュール・グリュミオー国際ヴァイオリンコンクール第1位及び特別グランプリ(ベルギー)、第26回アンドレア・ポスタッキーニ国際ヴァイオリンコンクール第1位及び特別賞(イタリア)、第20回シェルクンチク国際音楽コンクール第1位(ロシア)、第2回レオニード・コーガン国際ヴァイオリンコンクール第1位(ベルギー)等、国内外42のコンクールで全て1位。
 ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学の国際サマーアカデミー Award Winner、モーツァルテウム大ホールに於けるザルツブルク音楽祭2019コンサートに最年少で出演。その他、ロシア、スイス、オーストリア、イタリア、ベルギー、ウクライナのコンサートに出演。
 これまでウラディーミル・スピヴァコフ、ニコライ・ジャジューラ、イヴァン・ストルボフ、小林研一郎、大友直人、広上淳一、秋山和慶、原田慶太楼、梅田俊明、角田鋼亮、三ツ橋敬子、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、ロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、神奈川フィルハーモニーオーケストラ、群馬交響楽団等と共演。アイダ・カヴァフィアン、原田幸一郎、小栗まち絵の各氏に師事。
 使用楽器は「宗次コレクションより貸与」。

鈴木慎崇(ピアノ)
 東京藝術大学音楽学部卒業。全日本学生音楽コンクール、日本音楽コンクールにて、それぞれ第1位。また、リサイタル、FM、CDなどで数多くの演奏家と共演。国内外の音楽祭、コンクールにおいて公式伴奏者を務めるなど、伴奏、室内楽にも活動の場をひろげている。
 最近では、オーケストラの演奏会に鍵盤楽器奏者として度々出演している。武蔵野音楽大学非常勤講師を務めたのち、現在、東京藝術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師として、後進の指導にあたっている。


チケットのご購入はこちら

チケットは完売しました。