1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 北村朋幹ピアノ・リサ...

北村朋幹ピアノ・リサイタル

20218/21 (土)
14:00開演 13:30開場

出演者
北村朋幹(ピアノ)
曲目
ドビュッシー:前奏曲集 第2巻
ヤナーチェク:霧の中で
ラフマニノフ:絵画的練習曲集『音の絵』 Op.39 より
 第2番 イ短調/第4番 ロ短調/第5番 変ホ短調
 第7番 ハ短調/第9番 ニ長調


▶▶▶ご予約はこちらから◀◀◀

(申込専用メールフォームが開きます)



《ご注意》 携帯キャリアのメールアドレスをご使用のお客様より、当館からのメールが届かないというお問い合わせが増えております。迷惑メール設定にて、「info@munetsuguhall.com」をセーフリストに加えていただく等の対応をお願いいたします。


発売日:2021年6月13日 ちょこっとスムース予約可


北村朋幹 Tomoki Kitamura, Piano

愛知県生まれ。3歳よりピアノを始める。2005年、第3回東京音楽コンクールにおいて第1位ならびに審査員大賞(全部門共通)受賞。第6回浜松国際ピアノコンクール第3位(2006)、第9回シドニー国際ピアノコンクール第5位ならびに3つの特別賞(2008)、第18回リーズ国際ピアノコンクール第5位(2015)、第7回ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール第2位(2017)を受賞。


同年6月には初めてのリサイタルを開催。以来、読売日本交響楽団、東京交響楽団、京都市交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団などの定期演奏会をはじめ、国内外の主要オーケストラと共演しており、日本国内はもとより、ドイツ、フランス、イギリス、ベルギー、ポーランドなどヨーロッパ各地でソロ・リサイタル、室内楽、そして古楽器による演奏活動を定期的に行っている。その演奏は「類稀なる時間の感覚。まるで素晴らしい指揮者によるオーケストラの演奏を聴いているよう」(パーヴェル・ギリロフ)、「卓抜な詩的感性、そして哲学的叡智を具えた芸術家」(濱田滋郎)と評された。また2020年9月、東京オペラシティ主催の「B→C:バッハからコンテンポラリーへ」では、4台の鍵盤楽器を駆使し、ケージらの作品を演奏したこの画期的なコンサートは「我が国のピアノ演奏史において重要な一夜と言っても過言ではない。」(伊藤制子)と高く評価された。2019年からは「Real-time」と題した自身のリサイタル企画を展開しており、2021年3月には第3回目を開催する。

録音はフォンテックから『遙かなる恋人に寄す―シューマン「幻想曲」からの展望―』、『夜の肖像』、『黄昏に-ブラームス/リスト/ベルク作品集』、『Bagatellen』が発売され、レコード芸術誌をはじめとする主要紙において好評を得ている。2021年にはジョン・ケージ「プリペアード・ピアノのためのソナタとインターリュード」を発売予定。

愛知県立明和高等学校音楽科を経て東京藝術大学に入学、2011年よりベルリン芸術大学ピアノ科で学び、最優秀の成績で卒業(2018)。

これまでに伊藤恵、エヴァ・ポブウォッカ、ライナー・ベッカーの各氏に師事。2018年よりフランクフルト音楽・舞台芸術大学でイェスパー・クリステンセン氏のもと、歴史的奏法の研究に取り組んでいる。





チケットのご購入はこちら

宗次ホールチケットセンター 
営業時間 10:00〜16:00 ※一部例外あり

お電話でのお申し込み

052-265-1718

ご予約に進む

窓口でのご購入

営業日、営業時間は不規則となっております。
チケットセンター営業日カレンダーをご確認ください。
アクセス方法はこちら

チケットぴあでのご購入

  • ご利用には事前登録、手数料が必要となります
  • お電話の場合、Pコードが必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます

名鉄ホールチケットセンターでのご購入

  • ご利用には事前登録が必要となります
  • 決済方法によっては手数料が必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます