1. トップ
  2. 公演一覧
  3. 一般公演
  4. 桜井万祐子 メゾソプラ...

桜井万祐子 メゾソプラノ・リサイタル 鼓奏者 藤舎呂英氏を迎えて

20217/22 (木)
14:00開演 13:30開場

出演者
桜井万祐子(メゾソプラノ)藤舎呂英(鼓)掛川良平(ピアノ)
曲目
チャピ:サルスエラ「ゼベデオの娘たち」
カッチーニ:アヴェ・マリア
藤舎呂英 作調:小鼓一調「飛翔」
ヘンデル:オペラ「リナルド」より “私を泣かせてください”
ヴェルディ:オペラ「ドン・カルロ」より “ヴェールの歌” 他


▶▶▶ご予約はこちらから◀◀◀

(申込専用メールフォームが開きます)



《ご注意》 携帯キャリアのメールアドレスをご使用のお客様より、当館からのメールが届かないというお問い合わせが増えております。迷惑メール設定にて、「info@munetsuguhall.com」をセーフリストに加えていただく等の対応をお願いいたします。


発売日:2021年6月13日 ちょこっとスムース予約可


桜井万祐子 Mayuko Sakurai, Mezzosoprano                           
 愛知県出身。名古屋芸術大学声楽科を最高得点で卒業。その後イタリアに渡りミラノの国立ヴェルディ音楽院を2015年卒業。現在もミラノに拠点を置き、欧州を中心にコンサートやオペラ公演に出演。2014年の三枝成彰作曲「Jr・バタフライ(イタリア語版)」(イタリア・トッレ・デル・ラーゴ・プッチーニ音楽祭)への出演を機に、日本でも活動を開始。
 2017年には日本のトップオペラ歌手が顔を揃えるサントリーホールでの「オペラ紅白」公演にも抜擢。2019年の年明けにはNHK名古屋ニューイヤー・コンサートに出演し、名古屋フィルと共演。2020年8月に藤原歌劇団「カルメン」にタイトルロールで出演し日本でのオペラデビューを飾る。


藤舎呂英 Roei Tosha, Tsuzumi                                       
六世家元 藤舎呂船に師事。東京藝術大学音楽学部を卒業後、「藤舎呂英」の芸名を許される。現在、国立劇場「明日をになう新進の邦楽と舞踊」・「花形・名作舞踊 鑑賞会」の囃子を担当。放送・舞台(舞踊公演・長唄演奏会、等)・各種海外公演のほか、鼓のソロ演奏や各邦楽器および、チェロ、ピアノ、シャンソンとのセッションなどジャンルを越えた様々な音楽活動を行う。新曲の作調も多数。
平成18年日本伝統文化振興財団賞受賞。平成28年国立劇場開場50周 年記念公演にてオープニング曲「鶴の寿」の作調及び演奏。平成28年および 30年には今藤長十郎 ニューヨーク公演(カーネギーホール)に出演。令和元 年にはウィーン楽友協会ブラームス・ザールにて演奏


チケットのご購入はこちら

宗次ホールチケットセンター 
営業時間 10:00〜16:00 ※一部例外あり

お電話でのお申し込み

052-265-1718

ご予約に進む

窓口でのご購入

営業日、営業時間は不規則となっております。
チケットセンター営業日カレンダーをご確認ください。
アクセス方法はこちら

チケットぴあでのご購入

  • ご利用には事前登録、手数料が必要となります
  • お電話の場合、Pコードが必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます

名鉄ホールチケットセンターでのご購入

  • ご利用には事前登録が必要となります
  • 決済方法によっては手数料が必要となります
  • 一部取扱いのない公演もございます